本町稲荷神社

e0123189_22132331.jpg

e0123189_22133984.jpg

 大田区西馬込二丁目の「西二稲荷」に参った後、さらに稲荷めぐりを続けた。都営地下鉄浅草線の西馬込駅前から国道1号線沿いを南へと歩く。この先の左手には古刹池上本門寺の広大な寺域が広がっている。

 荏原の史跡めぐりにおける池上本門寺の重要性は痛いほどわかっている。だが、その存在があまりにも巨大であるため、まだ正面から向き合って池上本門寺と対峙できていない。こうして周りをウロウロしているだけである。

 次の目的地である稲荷神社は、その本門寺境内の端にある。池上一丁目三十四番地にある本町稲荷神社だ。

 神社に着いてみると、境内のほとんどは駐車スペースに割り当てられていた。まるで駐車場の中に社殿があるような感じであった。ここの駐車場はお寺の関係者が使っているのであろうか。

 稲荷神社のいわれを記したような案内板も特にない。本町という名のいわれもわからなかった。ただ、社殿の背後にはすぐ本門寺の木立が広がっている。この稲荷神社は、本門寺境内に祀られたお稲荷様というふうにも見えた。

 神社の前の道を西へ抜けると、本門寺の正面参道に出た。何度か訪れたことのある参道である。しかし、今日はまだ本門寺へは参らない。荏原の史跡めぐりとして本門寺を訪れる準備ができていないように思われる。

 古刹の大きな存在を背中に感じつつ、私は呑川を渡って帰途に就いた。これでこの日の八幡宮めぐりと稲荷めぐりは終わった。


にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-07-29 22:14 | お稲荷様
<< 瘡守稲荷神社 西二稲荷神社 >>