八雲氷川神社

e0123189_1304244.jpg

 9月15日と9月16日は、近所の八雲氷川神社の祭礼であった。幼い頃から、氷川神社の「お祭り」の日は家の周りが何となく華やかで、楽しみな日であった。ちょうど暑さが和らぎ、何となく過ごしやすくなる頃でもあり、時期的にも良い。

 今年は荏原の歴史を旅するようになったこともあり、祭礼にあたって氷川神社の歴史についても改めて調べてみた。すると、知らないことがいろいろとあった。まさに灯台下暗しである。

 八雲氷川神社は旧衾村(現・八雲、東根、柿の木坂、中根、自由が丘、緑が丘、大岡山、平町)の鎮守であった。神社の創建については不明であるそうだが、江戸時代の宝暦七年(1757)の文書に「鎮守氷川宮」の「鳥居」建立についての記録があるという。

 この神社は古くから「癪(腹痛)封じの神」として信仰されていたそうだ。近郷近在のみならず、遠方からも参詣者があったそうで、そのために境内には宿泊所もあったという。今の静かな境内からは、想像もつかないことである。また、境内に残るアカガシは、癪封じのご利益があるとされ、煎じ薬にするため皮をはぐ参詣者が後を絶たなかったため、ついに枯れてしまったと伝えられている。

 そんな昔の賑わいをわずかばかり取り戻すのが、祭礼の日かもしれない。参道に露店が並び、近所の子供たちが繰り出す。しかしその賑わいも、私が子供の頃に比べてだいぶ小さくなったように思う。少子化の影響だろうか。また「高級住宅街」と揶揄されるこの辺りには新たな居住者が増えて「地縁」が薄くなっていることも関係しているのかもしれない。

 祭礼の日には、境内の神楽殿で神楽が奉納される。私は小学校で歴史を習い始めた頃に一度見たことがあるような記憶があるが、そのときのことはもうあまりはっきりと憶えていない。今年はそれ以来、久しぶりに神楽を見た。祭神の素戔嗚尊やその姉の天照大神などが登場し、なかなか豪勢であった。

 白眉は「剣の舞」である。二本の剣を使った舞が奉納される。素戔嗚尊の八岐大蛇退治の物語を表したものであるというが、当地の繁盛を祈願するものでもあるようだ。

 地元に古式豊かな文化が伝わっていることを、嬉しく思った。ただ、舞う人も、後ろで太鼓や笛を奏でる人も、みな年配の方だ。この文化が、後世に伝わっていくのかどうか、不安はある。この地に育ち、暮らしてきた者として、文化の継承のために何か役立てないだろうか、とも考えてみた。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-09-17 13:06 | 神社
<< 中目黒八幡神社 笠間稲荷神社 >>