蒲田の梅園

e0123189_17135455.jpg

 荏原における安藤広重「名所江戸百景」をめぐる旅のうち、どうしても今の時期に訪れておきたいところがあった。それは「蒲田の梅園」である。この絵は梅の咲く頃のものである。そこで梅の咲いている頃にその地を訪れてみたかった。二月も末日の迫った今日、その「蒲田の梅園」を訪れてみた。描かれた「蒲田の梅園」は現在も存在している。

 東海道の沿道にある蒲田の地は古くから梅の木の栽培が盛んで、梅干が名産にもなっていた。そのうち梅の花が鑑賞されるようにもなり、江戸時代には亀戸と並んで梅の名所として知られるようになったという。中でも有名だった梅園が、東海道筋で「和中散」という道中常備薬を売る山本久三郎の庭園であった。そこには近在から梅の木を集めて植えるとともに池が造られ、茶屋も設けられたので、人々が集まり大いに賑わったそうだ。「名所江戸百景」に描かれた梅の風景も、この山本久三郎の梅園であるとされている。この梅園の一部が現在、梅屋敷公園として整備されている。まさにそこが「名所江戸百景」の地ということになる。

 京浜急行梅屋敷駅で下車し、第一京浜国道沿いに出て、少し南へ行ったところに梅屋敷公園はある。山本久三郎の庭園はかつて三千坪もあったと言われるが、公園はさして広くなかった。また、東側が国道に面して車の喧騒の中にあり、しかも西側は京浜急行の立体化工事のため一部の用地が占用され、白い工事用フェンスが立ち並ぶというさまであった。

 その間のわずかな隙間に、梅の木が並んでいた。早咲きの二、三本が花を揃えているほかはまだ五分咲きといったところで、公園全体として咲き揃うにはまだ間があるようであった。
e0123189_17142794.jpg

 園内の中央には池があった。しかし、申し訳程度に水溜りができているのみで、風流を楽しむには程遠い状況であった。

 また、梅の背景にも、大きなビルや線路工事用の機材が入ってしまい、雰囲気は残念ながら良くなかった。それでも「名所江戸百景」の景色が、かろうじて残っているのを良しなければならないだろう。
e0123189_17144799.jpg

 かつては東海道を行く旅人たちが、花の色香に足を留めたに違いない。まだ寒い今くらいの時期にあって、旅人たちは春の訪れを梅の花から感じたことであろう。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-02-28 17:16 | 名所江戸百景
<< 稗田神社 はねたのわたし弁天の社 >>