徳持神社

e0123189_10213698.jpg

 大田区池上に徳持神社という社がある。境内の由緒書きによれば、創建は鎌倉時代の建長年間(1249~1255)だそうで、宇佐八幡宮の分霊を勧請したものであり、御旗山八幡宮と称されていたという。つまり、元を糺せばこの神社は八幡神社であり、私の荏原の八幡宮めぐりの中に入れて良いものだと思う。それにしても御旗山八幡宮とは格好良い名前だ。鎌倉時代だから、土地の武士が勧請したものであろうか。鎌倉時代以降だと、鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請する例が多いように思うが、本家の宇佐八幡宮から直接勧請してきたというのは珍しい。

 なお、元は現在の池上七丁目辺りに鎮座していたそうだが、明治三十九年(1906)に池上競馬場が作られることとなったとき、現在地に移転することとなり、その後近くの稲荷神社を合祀したことから徳持神社と称するようになったという。

 しかし、朱塗りの立派な社殿を見てみると、他の八幡神社でよく見るような様式であった。実際、境内の由緒書きによれば、社殿は八幡造という様式とのことであった。
e0123189_10215432.jpg

 また、境内の隅には徳持田中稲荷神社というお稲荷様が鎮座していた。これは徳持神社の末社であり、移転に当たって合祀されたものとはまた別のお稲荷様であるようだった。

e0123189_10221133.jpg


にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-11-07 10:22 | 八幡宮めぐり
<< 薬師堂富士講碑 八景坂鎧掛松 >>