滝王子稲荷神社

e0123189_1736457.jpg

 大井原の水神池と品川歴史館を結ぶ道の途中から少し北へ入ったところに、滝王子稲荷神社というお稲荷様がある。滝王子とは、この辺りの地名のようである。近くの消防署の出張所にもその名が見えた。

 滝王子の名は、昔この付近に滝氏という一族が住んでいて、稲荷社と王子権現を祀っていたことに由来するともいわれている。滝王子稲荷神社は、もともと滝氏の屋敷神だったのかもしれない。

 社はひっそりした住宅街の中に鎮座していた。ガランとした境内の奥に小さな社殿がある。赤い幟がたくさん奉納されているところがお稲荷様らしい。

 境内の片隅には、小さな池もあった。湧水池だそうで、池の真ん中に石が積み上げられていた。これはかつて弁天様が祀られていた名残ではないだろうか。
e0123189_1736273.jpg

 また、境内には大きな木が一本あった。タブノキというそうで、暖地の海岸に多く見られる種類であるという。この辺りがかつて海に近かったことを示すものではないかと思った。

e0123189_17364277.jpg



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-12-27 17:38 | お稲荷様
<< 広重「名所江戸百景」の世界 大井原の水神池 >>