カテゴリ:寺院( 3 )

古川薬師

 六郷に宝幢院という真言宗の古刹がある。今は街中のごくありふれたお寺であるが、かつてはこの寺が境内一万五千坪を有した大きな寺であったという。また、末寺は二十三もあったそうだ。あの池上本門寺が法華経の字数に合わせて七万坪の寺域を寄進されたというからそれには及ばないが、かなり広い寺であったと言える。荏原の中でも有数の寺院ではないだろうか。その宝幢院を現在訪れてみると、きれいなコンクリートの本堂が建っていた。
e0123189_21455513.jpg

 さて、この宝幢院の末寺の一つに古川薬師こと安養寺という寺がある。宝幢院から程近いところにあるので訪れてみた。多摩川河川敷のすぐそばである。こちらの寺もかつては広い寺域を有していたようだが、近代になって多摩川の大改修があったときにそのほとんどが河川敷となってしまったそうである。
e0123189_21461437.jpg

 寺の入口に道標が立っていた。案内板によれば「古川薬師道 道標」と名付けられている。延宝元年(1764)に建てられたものだそうだ。もとは東海道筋の雑色から多摩川への道が分岐するところに建てられていたという。正面には「これよりふるかはやくしえのみち 六郷之内古川村 別当安養寺」とあり、左側面にも同じく「これよりふるかはやくしへのみち」とあるのが読み取れた。東海道筋に建てられた道標としては、大田区内には二基しか残っておらず、そのうちの一基がこれだということである。東海道筋の道標ということで、何となく格が高いような気がした。また、江戸時代には古川薬師へ参詣する人の多かったことが窺える。
e0123189_21463989.jpg

 境内に入ると正面に朱塗りの本堂が見えてくる。寺伝によると、この寺は薬師堂を行基が創建し、また寺の七堂伽藍は光明皇后によって寄進されたものだという。また、薬師堂にある木造薬師如来坐像・釈迦如来坐像・阿弥陀如来坐像は平安時代後期の12世紀に製作されたものといわれている。古い由緒をもつ寺である。残念ながら、薬師如来坐像などは非公開である。この三尊以外にも、江戸時代に作られた仏像群三十五体が本堂と薬師堂には安置されているという。
e0123189_2147234.jpg

 境内には銀杏の木が二本ある。そしてその下には「銀杏折取禁制碑」という碑が建っていた。古くからこの銀杏に祈ると乳が出ると人々が信じ、銀杏の下垂の乳部を削り取る者が多かったそうだ。そこで寺が元禄三年(1690)にこの行為を禁ずるために建てたという。碑には「禁制 此二本之銀杏乳削取事 枝葉猥折取事」とあった。現在の銀杏の木は、その子孫であるようだが、訪れた頃はちょうどほんのりと色付き始めたところであった。
e0123189_21472188.jpg

 また、境内隅には山の形をした富士講碑があった。これにはおびただしい数の富士講の名とその紋が刻まれていた。見ていくと、それぞれの富士講には江戸近郷近在各所の地名が刻まれていた。案内板によれば、背後の銘文から、ここに刻まれている富士講はこの安養寺の永代百味供物講社を兼ねていることがわかるという。永代百味供物講とは、薬師堂で行われる行事のことだそうである。富士講がこの薬師堂の行事にも参詣する講になっていたは興味深いことである。
e0123189_21473636.jpg

 古川薬師では、様々な信仰の在り方を見ることができた。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-31 21:48 | 寺院

万福寺

e0123189_22391212.jpg
 大田区立郷土博物館を見学してから、周辺の馬込地区を少し歩くことにした。まず向かったのは古刹万福寺である。博物館の東側にある。

 古風な門構えの手前に、寺の縁起を書いた案内板があった。それによると、万福寺は鎌倉時代初期の建久年間(1190年~1199年)に、梶原景時が源頼朝の命によって梶原氏相伝の阿弥陀如来三尊像を本尊として大井丸山というところに建立したのが起源とされている。そして鎌倉時代後期の元応二年(1320)に火災に遭い、梶原景時の墓がある当地へ移され再建されたという。それから後の室町時代後期になって、寺が荒廃していたのを、鎌倉の禅僧明堂文竜が天正三年(1575)に再興し、密教寺院から曹洞宗に改めたそうだ。

 以上が案内板による縁起であるが、寺に関わりのあるとされる梶原氏は、鎌倉幕府の御家人の一族ではなく、戦国時代にこの地に拠を構えた後北条氏の家臣であるとする説もある。後世になって戦国時代の梶原氏と鎌倉時代の梶原氏を取り違えて伝わったということである。そうするとだいぶ話は変わってくるが、境内からは室町時代の年号を持つ板碑が出土しているということであるから、中世よりここに寺院のあったことは間違いないようである。

 案内板から門を挟んだ反対側には馬の銅像があった。磨墨(するすみ)という馬の銅像である。磨墨は源頼朝の名馬であったという。この馬込の産と伝えられるものだそうだ。その磨墨は、恩賞として梶原景時の子景季が賜ったとされている。頼朝の名馬といえばもう一頭は池月で、これは千束八幡神社を訪れたときにその言い伝えを目にしたものである。池月は頼朝が千束に陣を布いたときに得た馬とされている。その池月は佐々木高綱に与えられ、景季と高綱は宇治川の先陣争いを演じることになる。これらの話から、荏原は馬の名産地であったと言えるだろう。馬込という地名も「馬を込める(籠める)」から来ているといい、牧のあったことが窺える。
e0123189_2239424.jpg

 さて、それとともに興味深いのが戦国時代の梶原氏である。郷土博物館で入手した大田区教育委員会発行の冊子「大田の史跡めぐり<増補改訂版>」によると、戦国時代の馬込には、梶原氏が拠とする中世城郭があったという。範囲を見ると、この万福寺も城の中に入っていることになる。寺は城内の宗教施設であったのだろうか。

 城跡の範囲のうち、郷土博物館のある西側の部分がかつて根古屋とよばれ、城主の館跡と伝えられているそうだ。また、城の構えは周囲が急崖で、周辺の谷に沼を配し、敵の侵攻に備えたという。私は、ジメジメした中世馬込の様子を思い浮かべた。

e0123189_2240291.jpg


にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-11-22 22:40 | 寺院

祐天寺

e0123189_1934245.jpg
 祐天寺は、東急東横線の駅名としてあまりにも良く知っているが、実際に寺を訪れたことは今まで一度もなかった。寺は駅の東、駒沢通りに面したところにある。

 去る10月21日、目黒区教育委員会の主催する「区内文化財めぐり」に参加した。この日のコースは中目黒地域をめぐるもので、そのスタート地点が祐天寺であった。初めて訪れる祐天寺は落ち着いた印象で、仁王門やその他の堂宇がどっしりと構えていた。

 文化財めぐりは、教育委員会の方の同行のもと、地元の郷土史家の先生の案内によって進められた。集合後、まず祐天寺の境内を案内していただいた。

 祐天寺は、江戸時代中期の享保三年(1718)に、祐天上人を開山として、その弟子の祐海上人が創建した寺である。祐天上人は非常に優秀な僧だったそうで、東大寺の再建や鎌倉大仏の中興に貢献しているという。「南無阿弥陀仏」の名号を何枚も書いて配布し、資金を集めたそうだ。それで庶民の評判も高く、やがては徳川家も庇護するようになったという。現存する仁王門や阿弥陀堂は、徳川五代将軍綱吉の養女竹姫寄進のものとのことであった。
e0123189_1942655.jpg

 仁王門には運慶作と伝える持国天・増長天があるとのことだったが、さすがに運慶作というのはにわかに信じがたかった。また、門の軒下には十二支の動物が彫られているのを先生が教えてくださった。
e0123189_1944689.jpg

 阿弥陀堂といえば中世建築でよく目にしているが、ここの阿弥陀堂も中世のものと同様、方三間の四面堂で形はよかった。額に書かれた「阿弥陀堂」という立派な文字は祐海上人の筆になるという。

 次に見たのは地蔵堂である。堂の前に小さな門があり、その天井には火消しのまといが彫られていた。
e0123189_1951053.jpg

 まといは堂内の天井にも描かれているという。祐天寺は江戸の町火消しと関わりが深いそうだ。というのも、火消しの組織の原型を作ったのが祐天上人とされているからである。祐天上人が増上寺の大僧上にもなったが、その頃増上寺は火災が大変多かったそうだ。そこで祐天上人は、寺内に火消しの組織を確立し、防火を行った。これが町奉行大岡忠相によって江戸の町にも応用され、町火消しができたという。そういう縁があるので、今でも正月の出初式のときには、消防団がお参りに来るのだと、郷土史家の先生はおっしゃっていた。

 地蔵堂の裏に回ると「南無阿弥陀仏」の名号の刻まれた大きな碑があった。百万遍供養塔というそうだ。寄進をした七百名もの名前が刻まれているという。祐天上人が亡くなって百年ほどして建てられたそうだが、それでもなお多くの帰依を集めたことがわかる。
e0123189_1954312.jpg

 その傍らには海難供養碑があった。海で遭難した人たちを供養する碑で、白子組という木綿問屋と、灘目という灘の酒樽問屋の二つが並んでいる。海から離れた目黒のこの地に海難供養の碑があることには違和感を覚えるが、郷土史家の先生によると、供養碑の発起人の一人が祐天寺を振興する人だったのではないかとのことであった。
e0123189_1965783.jpg

e0123189_1972352.jpg

 地蔵堂から参道に戻り、一番奥の本堂を見た。明治三十一年(1898)の再建だという。再建の際は、境内に植えられていた杉の木を使用したそうだ。この杉の木は、祐海上人が万一のときのために植えさせたいたものだという。先見の明がある方だと、郷土史家の先生は話していた。
e0123189_1984010.jpg

 この後、隣接する墓地を見学した。入口を入ってすぐのところに、お経を納めた塔が建っていたが、その前に小さな穴の開いた石があった。先生によると、この穴をくぐればはしかが軽くなると言い伝えられており、先生も子供の頃何度もくぐらされたという。確かに子供でなければくぐれないほどの大きさである。

 最後に祐天上人の墓を見て、それから裏手の細い道を経て長泉院というお寺へ向かった。ここも祐天寺と同じく浄土宗の寺であるが、祐天寺より五十年後に建てられたので「新寺」と呼ばれているそうだ。また、寺の前の道は古道で、庚申塔が沿道に多いところから「庚申みち」とも呼ばれている。ここは私の荏原の旅で是非とも訪れたいと思っているところである。長泉院へ行く途中の道端にも庚申塔があって、私は一人でワクワクしていた。

 祐天寺も長泉院も、私が居住している目黒区内にありながら初めて訪れた寺であったが、非常に興味深いものであった。

(写真は後日再訪して撮影したものである)



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-11-04 19:10 | 寺院