カテゴリ:富士信仰( 5 )

品川神社富士塚

e0123189_18324491.jpg

 京浜急行新馬場駅前にある品川神社は、鎌倉時代初めの文治三年(1187)に源頼朝が安房国洲崎大明神を勧請したものと伝える、由緒ある社である。

 この神社で注目すべき点は、富士塚が昔のままの形で残っているということである。富士塚とは、富士信仰において富士山を遥拝するためのミニチュアの富士山のことで、ここ品川神社の富士塚は、明治二年(1869)に北品川の丸嘉講約三百人によって造られた後、大正十一年(1922)に第一京浜国道の建設のため一部が削られて石垣となってしまっているが、江戸時代からの富士信仰の形をそのまま伝えるものであろう。これは荏原の中でも珍しいことだ。

 富士塚の入口は、本殿へ続く石段の途中にある。
e0123189_1833569.jpg

 鳥居をくぐると「登山道」と書かれた石段が続く。石段の脇には「一合目」「二合目」「三合目」という石柱が建っている。富士塚という「山」に上って行く気分だ。
e0123189_18335658.jpg

 やがて右手に、石積みの塚の全貌が現れてくる。積み上げられた石の一つ一つから、富士信仰に対する想いが伝わってくる。石積みの中には富士講碑がいくつも建っていて、奉納した人々の名前が刻まれている。富士講はいくつもあったのだろうか。
e0123189_18341361.jpg

 途中の「五合目」と書かれたところから、石段が急で狭くなってくる。そこを慎重に上って行くと、富士塚の頂上に出る。頂上は2、3メートル四方あって、けっこう広い。ここからの眺めはなかなかである。
e0123189_18344166.jpg

 ただ、富士山の見えるべき西方は、木立とビルに視界を遮られ、見通しが悪かった。かつてはきっと富士山がきれいに望めたことであろう。富士塚から富士山を遥拝してみたかったものである。

 初めて富士塚に上ってみたが、富士信仰への想いがひしひしと伝わってくる史跡であった。こんな塚が、かつては荏原のあちこちにあったのかと思うと、面白く感じられた。

 この品川神社の富士塚では、現在も丸嘉講が毎年七月一日前後に「山開き行事」を行っているという。塚のふもとの浅間神社に、行衣という白装束で集まり、富士塚に登山して遥拝を行うそうだ。そういう意味では、今でも生きた「富士塚」として、貴重な史跡であると言える。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2009-02-22 18:37 | 富士信仰

薬師堂富士講碑

e0123189_1534057.jpg

 大森駅前の池上通りを蒲田方面へ向かい、大田区立山王会館の信号を右手へ少し入ったところに薬師堂というお堂がある。ここはもと桃雲寺というお寺のあったところだが、今は廃寺となり、薬師堂と若干の境内地が残るだけとなっている。

 その薬師堂のすぐ近くに、大きな富士講碑が建っている。天保三年(1832)に新井宿村の富士講中が、食行身禄(伊藤伊兵衛)という人の没後百年を記念して建てたものであるという。食行身禄は、富士講中興の祖といわれる人物である。新井宿村の富士講も指導していたのであろうか。

 また、碑の左側には「天下泰平正穀成就村中安全」と刻まれており、村内安全を祈願したものであることがわかる。

 碑の中央には「仙元大菩薩」と大きく書かれ、その上に雲のたなびく富士山が描かれている。また「仙元大菩薩」と書かれた左右に行衣を着た猿が描かれているのも面白い。それから、長方形の碑は亀の背中に載る形となっている。この亀には耳がある。それが不思議であった。

 碑はとても大きく、目立つものである。このような碑が新井宿村の中にあったということは、村内に富士講という信仰が深く根付いていたことを示すものではないだろうか。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-11-17 15:04 | 富士信仰

富士講燈籠

e0123189_1457375.jpg

 馬込は起伏の激しい土地だ。歩いていると頻繁に上ったり下ったりせねばならない。そんな馬込の道端に、立派な石燈籠が建っていた。教育委員会の案内標によれば「富士講燈籠」とのことであった。江戸時代後期の文政七年(1824)に、馬込村を中心とする富士講の人々によって建てられた常夜燈だという。よく見ると、燈籠には「富士大仙元菩薩」と刻まれている。この「仙元」は浅間神社の「浅間」に通じるのだろう。また、台石には富士の山容が象ってあった。
e0123189_14572271.jpg

 燈籠から、馬込に富士講のあったことが知れる。かつてこの馬込でも、高台から富士山を望むことができたのであろうか。

 燈籠の台石には、願主・世話人をはじめとする約二百人の人名が刻まれているそうだ。世話人には万福寺の名もあるという。万福寺は禅宗であるが、禅宗と富士信仰は関わりが深いのであろうか。

 かつて講の富士登山の折には、講中の人々が近くの北野神社に参籠してから、この燈籠の前で祈願をし、出発していったと伝えられているそうだ。講の信仰に禅宗の万福寺が関わっていたり北野神社が関わっていたりするのは面白い。その北野神社は燈籠から少し北へ行ったところにあったが、あいにく境内の造園工事中で入ることはできなかった。

 なお、燈籠の台石の銘文から、この富士講燈籠は品川と池上に至る道に道標として建てられたことがわかるという。荏原に残る道標に、この品川と池上という地名は良く出てくる。この地名が、これから荏原の古道を探っていくときのキーワードになりそうだ。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-12-08 14:58 | 富士信仰

浅間神社からの富士山

e0123189_232420100.jpg

 小春日和の良く晴れた朝、以前に訪れた多摩川の浅間神社に行ってみた。前回は初夏の真っ白な空であったが、今回は良く晴れている。急な坂道と石段を上って行くと、展望台の眺めの真ん中には、富士の高嶺の白雪があった。

 山の姿はくっきりとしていたが、何となく都会の埃にまみれているようでもあった。昔はもっとはっきり、霊峰の姿が拝めたのではないかと思う。それも荏原のあちこちで望めたことであろう。そしてそういう眺めが、人々の暮らしに深く関わっていたのではないだろうか。

 やはり荏原の歴史を知るためには、富士信仰というのは重要なポイントであると思う。
e0123189_23244835.jpg



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-11-15 23:28 | 富士信仰

多摩川浅間神社

e0123189_12251884.jpg

e0123189_1225426.jpg

 東急東横線が多摩川を渡る直前の左手に社が見える。多摩川浅間神社である。以前は右手の多摩川台公園と橋でつながっていたような記憶があるが、線路の複々線化によって今は分断されている。

 電車の窓から見るたび気になる社だったので、多摩川駅で下車して行ってみた。駅前の通りが河川敷へ出る手前の右手にこんもりとした木立がある。その中を急な石段で上って行くと拝殿がある。

 参道の左手に広場がある。展望台だ。多摩川が見渡せた。しばらく見とれてから拝殿へ参る。拝殿の脇に社のパンフレットがあった。こういうものがあるとひじょうに嬉しい。頂戴し、もう一度展望台へ戻ってから嬉々としてパンフレットを読み始めた。

 それによると、創建は鎌倉時代だという。中世に興味を持つ私としては、その一文で色めき立った。

 伝えられるところによると、文治年間(1185年~1190年)に源頼朝が武蔵国滝野川松崎へ出陣した折、その身を案じた妻・北条政子が後を追ってきたという。だが、足の傷が痛み出したためこの多摩川畔で休むことになった。そのとき、富士山が鮮やかに見えたそうだ。

 富士山が信仰の対象である浅間神社を自身の本尊としている北条政子は、そこで手を合わせ夫の武運長久を祈り、身に付けていた「正観世音像」をこの地に建てたという。この像を村人たちが「富士浅間大菩薩」と呼び、永く尊崇するところとなった。それが多摩川浅間神社のおこりとされている。

 浅間信仰は荏原でも広く見られるものだろう。かつて荏原からは富士山がよく見えたに違いない。各地に富士見坂や富士塚がある。これも信仰の一つの形として、庚申信仰や稲荷信仰と同様に学んでいかなければならないと思う。

 私が訪れた日は梅雨空で、多摩川の流れを包む空は真っ白であった。現代の荏原はすっかり建て込んで、富士山の見えるところもわずかだが、この展望台からは、晴れていれば富士山が望めるはずだ。冬の晴れた日に東横線に乗ったとき、鉄橋の上の車窓に山容を見出したことがある。私は冬晴れの日にまたこの浅間神社を訪れたいと思った。

e0123189_12255749.jpg

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
[PR]
by ebara_explorer | 2007-07-19 12:28 | 富士信仰