<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

古川薬師

 六郷に宝幢院という真言宗の古刹がある。今は街中のごくありふれたお寺であるが、かつてはこの寺が境内一万五千坪を有した大きな寺であったという。また、末寺は二十三もあったそうだ。あの池上本門寺が法華経の字数に合わせて七万坪の寺域を寄進されたというからそれには及ばないが、かなり広い寺であったと言える。荏原の中でも有数の寺院ではないだろうか。その宝幢院を現在訪れてみると、きれいなコンクリートの本堂が建っていた。
e0123189_21455513.jpg

 さて、この宝幢院の末寺の一つに古川薬師こと安養寺という寺がある。宝幢院から程近いところにあるので訪れてみた。多摩川河川敷のすぐそばである。こちらの寺もかつては広い寺域を有していたようだが、近代になって多摩川の大改修があったときにそのほとんどが河川敷となってしまったそうである。
e0123189_21461437.jpg

 寺の入口に道標が立っていた。案内板によれば「古川薬師道 道標」と名付けられている。延宝元年(1764)に建てられたものだそうだ。もとは東海道筋の雑色から多摩川への道が分岐するところに建てられていたという。正面には「これよりふるかはやくしえのみち 六郷之内古川村 別当安養寺」とあり、左側面にも同じく「これよりふるかはやくしへのみち」とあるのが読み取れた。東海道筋に建てられた道標としては、大田区内には二基しか残っておらず、そのうちの一基がこれだということである。東海道筋の道標ということで、何となく格が高いような気がした。また、江戸時代には古川薬師へ参詣する人の多かったことが窺える。
e0123189_21463989.jpg

 境内に入ると正面に朱塗りの本堂が見えてくる。寺伝によると、この寺は薬師堂を行基が創建し、また寺の七堂伽藍は光明皇后によって寄進されたものだという。また、薬師堂にある木造薬師如来坐像・釈迦如来坐像・阿弥陀如来坐像は平安時代後期の12世紀に製作されたものといわれている。古い由緒をもつ寺である。残念ながら、薬師如来坐像などは非公開である。この三尊以外にも、江戸時代に作られた仏像群三十五体が本堂と薬師堂には安置されているという。
e0123189_2147234.jpg

 境内には銀杏の木が二本ある。そしてその下には「銀杏折取禁制碑」という碑が建っていた。古くからこの銀杏に祈ると乳が出ると人々が信じ、銀杏の下垂の乳部を削り取る者が多かったそうだ。そこで寺が元禄三年(1690)にこの行為を禁ずるために建てたという。碑には「禁制 此二本之銀杏乳削取事 枝葉猥折取事」とあった。現在の銀杏の木は、その子孫であるようだが、訪れた頃はちょうどほんのりと色付き始めたところであった。
e0123189_21472188.jpg

 また、境内隅には山の形をした富士講碑があった。これにはおびただしい数の富士講の名とその紋が刻まれていた。見ていくと、それぞれの富士講には江戸近郷近在各所の地名が刻まれていた。案内板によれば、背後の銘文から、ここに刻まれている富士講はこの安養寺の永代百味供物講社を兼ねていることがわかるという。永代百味供物講とは、薬師堂で行われる行事のことだそうである。富士講がこの薬師堂の行事にも参詣する講になっていたは興味深いことである。
e0123189_21473636.jpg

 古川薬師では、様々な信仰の在り方を見ることができた。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-31 21:48 | 寺院

六郷神社

e0123189_1819305.jpg
 第一京浜国道新六郷橋近くに鎮座する六郷神社は、もともと八幡神社である。江戸時代には「六郷八幡宮」と呼ばれていたという。だから私の「八幡宮めぐり」に入れて良い社だ。今の社名になったのは明治以後のことである。周囲の小さな社がここへまとめられたためだと思われる。神社に着いて案内板を見てみると、境内末社として列挙された祭神には、天照大神、素盞嗚命、日本武尊、大物主命、布津主命、天太玉命、天児屋根命、宇迦御魂命とあり、あらゆる種類の神が押し込められてしまったかのようになっている。

 社伝によると六郷神社の由緒は古く、天喜五年(1057)に源頼義・義家父子がこの地の大杉に源氏の白旗を掲げて軍勢を募り、石清水八幡に武運長久を祈ったところ士気が高まり、前九年の役に勝利を収めたのでその分霊を勧請したのが創建とされている。また、源頼朝も奥州平定の際、祖先の例にならって戦勝を祈り、建久二年(1191)に社殿を造営したという。まさに源氏づくしの社である。

 ところで、源頼義が前九年の役へ向かう際に通って云々という由緒は、他の八幡神社でも見たことがある。世田谷区尾山台の宇佐神社だ。あの社も、この六郷神社同様、多摩川に近いところにあった。ということは、源頼義の軍は多摩川沿いをずっと下って奥州へ向かったのだろうか。いや、多摩川を下ると南へ戻ることになり奥州へ背を向けてしまう。では、六郷から多摩川を遡って尾山台に至ったのだろうか。そうすると今度は西へ移動してしまう。それも考えづらい。頼義・義家にまつわる由緒をもつ八幡神社は数多いが、この二つの社の由緒を採っただけで、早くも矛盾が出てきたように思う。

 それはさておき、時代が下って徳川家康が関東に入部すると、六郷神社には朱印地十八石が寄進された。そして慶長五年(1600)の六郷大橋竣工の際には、当社の神輿が渡初式を行ったという。また、徳川将軍鷹狩りの際にもしばしば参詣があったため、葵紋を用いるようになったそうだ。江戸時代には「江戸名所図会」にも描かれたということで、それが案内板にも載せられていた。当時は東海道筋にあったから、参詣の人も多かっただろう。図会にも東海道が描かれているが、その往還に並ぶ人家は八幡塚村のものだそうで、村の名は境内にある塚から来ているという。源義家が前九年の役の際に武器を納めたといわれる塚である。

 国道に面した参道を進み境内に入って行くと、古い狛犬があった。貞享二年(1685)に六郷中町の有志が奉納したもので、大田区内最古の狛犬だそうだ。古い狛犬は姿が少しぎこちなく、表情も豊かである。
e0123189_18195571.jpg

 左手の拝殿に参ってから折り返して真っ直ぐ進むと、立派な神門と鳥居がある。こちらが神社の正面と言って良いだろう。
e0123189_18201428.jpg

 神門の外に小さな石橋があって、これは梶原景時が奉納したものと伝えられている。確かに古めかしい橋だ。それにしても梶原景時は荏原を旅していると良く出てくる。
e0123189_18203166.jpg

 こちらの入口から真っ直ぐに伸びる道が、古い時代の東海道といわれている。先の「江戸名所図会」には、松並木が描かれている。第一京浜国道の喧騒から外れた細い道は、少しだけ「江戸名所図会」の面影を残す場所であった。

e0123189_18204871.jpg


にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-24 18:21 | 八幡宮めぐり

上神明天祖神社

 八幡宮めぐり、お稲荷様めぐりに次いで、天祖神社めぐりもしてみたいと思う。

 先に訪れた上目黒天祖神社の項で説明したように、天祖神社と名の付く社は天照大神を祀る伊勢系の神社である。地図をめくって探したところ、荏原には今のところ十八の天祖神社が見つかった。これも荏原の信仰の一つの形であると言えよう。

 上目黒天祖神社に続いて訪れたのは、東急大井町線中延駅近くの上神明天祖神社である。
e0123189_13191142.jpg

 鳥居をくぐって境内に入ると、さっそく鳥居に関する案内板があった。それによると、大正時代に建てられた大鳥居は、戦争の空襲で境内の建造物や樹木が丸焼けになったにもかかわらず、唯一燃えなかったそうだ。現在の大鳥居は昭和四十九年(1974)に銅で建てられたものだという。鳥居についても案内板があるとはずいぶん丁寧だと思って境内の奥へ進むと、真新しい本殿の前には神社の由緒について詳しく書かれた案内板もあった。
e0123189_13193196.jpg

 その由緒によると、この天祖神社の創建は鎌倉時代にまで遡るようである。文永八年(1272)に北条重時の五男時千代がこの辺りの蛇窪を領するところから話は始まっている。鎌倉時代が出てきたので、中世に興味のある私はわくわくしてきた。

 その時千代は後に出家して法圓上人となり、大森に厳正寺という寺を開くが、家臣たちの多くはこの蛇窪に住したという。その後、元亨二年(1332)に大旱魃が起きた。そのとき厳正寺の当主であった法圓上人の甥法密上人は、厳正寺の北西にある龍神社に雨乞いの断食祈願をして雨を降らせたそうだ。これに感激した時千代の家臣たちが蛇窪にも神社を勧請し、祀ったのが天祖神社のそもそもの起こりであるという。

 天照大神を祀る天祖神社であるが、由緒を読んでいくと水に関わりの深いことがわかる。そう思っていると、本殿の右脇に弁天社があった。この弁天社は、荏原七福神の一つにもなっていた。
e0123189_13195240.jpg

 弁天社のいわれが書かれた案内板を読む。それによると鎌倉時代、本殿の左手に清水の湧き出る洗い場があり、そこに白蛇が住んでいたという。ところがいつの間にか洗い場がなくなってしまったため、白蛇は土地の旧家森谷氏の夢枕に出て、一日も早くもとの住処に戻れるようにしてほしいと訴えたそうだ。森谷氏がこの話を社の宮司に伝えたところ、宮司は元の場所に池を掘り中央に小島を作って石祠に白蛇を祀ったとのことである。これが弁天社の始まりというわけである。弁天社は現在本殿の右側に移っているが、これは戦後に移されたとのことであった。

 池に白蛇が関わっている例は、世田谷の奥沢にあった弁天池のところでも出てきた。弁天様に白蛇は付き物である。そんなことを考えながら奥の石祠へ参ると、そこには白蛇が何匹もいた。
e0123189_13201775.jpg

e0123189_13203426.jpg

 また、弁天社の手水鉢のところには白い龍がいた。白い龍も水辺にまつわる伝説にはよく現れるものだ。
e0123189_13225363.jpg

 本殿の前に戻ると、参道の脇にはお稲荷様もいらっしゃった。祠の前に「伏見稲荷大神」という幟が並んでいた。
e0123189_13211967.jpg

 こちらには白い狐様がいた。
e0123189_13213618.jpg

 上神明天祖神社には、蛇、龍、狐がいらっしゃって、なかなかに賑やかな社であった。天祖神社とは言うものの、その由緒にはやはり水に対する信仰が深く関わっていた。改めて荏原における水の信仰を知ることができた。



にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-19 13:24 | 天祖神社

小林若宮八幡神社

e0123189_16362761.jpg

e0123189_16375938.jpg

 小さな八幡神社を見つけた。蒲田駅近くの環八通り沿いから少し奥まった、住宅地の中である。大田区東矢口三丁目二十八番地にあたる。最初に訪れたときは、境内で年配の方々がゲートボールに興じていたのでちょっと入りづらく、後日再訪してみた。このときは誰もおらずひっそりしていた。

 鳥居脇の「告知」と書かれた小さな案内板を見ると「小林若宮八幡神社」と書かれていた。これが正式な社の名前であろう。小林というのは人の名前のようでもあるが、地名だろうか。このときはわからなかった。

 若宮という名も気になる。若宮とは、本宮に対する新宮、親神に対する御子神を意味するものである。どこかに本宮である社があって、それに対する「若宮」なのではないだろうか。

 狭い境内には社殿のほかに、古めかしい手水鉢、狛犬、神楽殿、神輿の蔵、社務所もあり、一通りのものが揃っていた。しかし由緒書きなどはなく、どのような歴史があるのかは知る由がなかった。

 社殿の左手奥にはお稲荷様がいらっしゃった。近所にあった社が合祀されたものだろうか。祠には「小林稲荷神社」とあった。これもまた「小林」であった。
e0123189_16381735.jpg

 帰宅してから調べてみると、社のある辺りはかつて荏原郡小林村であることがわかった。小林は地名であった。ということは、小林若宮八幡神社は小林村の鎮守であったのかもしれない。

 そう思ってさらに調べてみると、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』荏原郡小林村の項に「若宮八幡社」とあり、当所の鎮守であると記してあった。加えて土地の人の伝えるところとして「鎌倉八幡」を勧請したとあった。鶴岡八幡のことを指しているのだろうか。ということは、創建は中世まで遡るかもしれない。何だか急にこの小さな社の格が上がったように思えた。また「村内金剛院持」とも書かれていた。これは金剛院が別当であったということであろう。地図を見直してみると、八幡神社から環八通りを挟んだ反対側に今も金剛院というお寺があった。

[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-12 16:41 | 八幡宮めぐり

上野毛稲荷神社

e0123189_16402049.jpg

 東急大井町線の上野毛駅前から環八通りを渡り、バス通りを進むと、道は急な下り坂になる。その坂の途中の右手に稲荷神社がある。上野毛稲荷神社という。

 訪れた師走の初旬、境内の木々が見事に色付いていた。鳥居をくぐって古い石燈籠の間を抜けると、正面にある社殿へ右から覆いかぶさるようにして色とりどりの木々があった。私自身、この秋初めて触れる紅葉でもあった。
e0123189_16404332.jpg

 境内はわりと大きく、参道の両側は広々としていた。その先にぽつんと社殿がある。ちょっとお稲荷様らしくない境内である。紅い鳥居も、狐様もいない。社殿に近付き、思わず額を確認すると、確かに「稲荷神社」と書いてあった。ただ、社殿の戸は閉ざされ、内部を窺い知ることはできなかった。
e0123189_1641564.jpg

 上野毛稲荷神社は、現在はこの辺りの鎮守となっているが、もともとは吉良氏の家臣であった田中筑後の代々の氏神として祀られていたという。屋敷神ということであろうか。この辺りに田中筑後の屋敷があったのだろう。この社は屋敷神が地域の鎮守にまでなったという例である。

 ところで境内のあるところは、多摩川沿いの急崖の中腹に当たる。かつては多摩川の川原が良く見渡せたのではないだろうか。吉良氏の家臣である田中筑後がここに居したのも、交通の要路であった多摩川に対して睨みを利かせるという役割があったのではないかと思う。

 社殿の右隣には「北野神社」と刻まれた石碑があった。近くにあった北野神社がここに合祀されたものであろうか。

e0123189_16412563.jpg


にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-06 16:42 | お稲荷様

新年

e0123189_17282829.jpg

 新しい年が明けた。

 気持ちも新たに、今年も荏原の旅を続けていきたいと思う。

 旅の当初から始めた八幡宮めぐりやお稲荷様めぐりはもちろん、新たにテーマとして加わった、水辺の神や天祖神社などもめぐりたい。庚申塔や富士講の史跡も探していきたい。また、大きなテーマとして掲げた吉良氏の史跡めぐりも、今年は本格的に取り掛かっていきたい。

 ただ、あまり気負わず、細く長くこの旅が続けられるようにしたい。何より荏原の旅を楽しむことが大事だ。


(写真は近所の東光寺の門松である)




にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
[PR]
by ebara_explorer | 2008-01-04 17:30 | その他